ワンウェイ方式の特徴

ウォーターサーバーのボトルにはガロンタイプとワンフェイ方式の二種類があると説明をしましたが、今回はワンウェイ方式について説明をしていきます。
ワンウェイ方式の特徴はまず何と言っても「使い捨て」という事です。
ワンウェイ方式の容器は柔らかい素材でできており、ウォーターサーバーに設置をし、水を利用していくと、その利用した分だけがへこんでいきます。
これが再利用をするガロンタイプとの大きな違いなのですが、ワンウェイ方式ではガロンタイプのように容器の中に空気が入る事がほとんどありません。
空気が入らないという事は、水を利用した事によって小さくなった容量の分はへこんでいくという事なのです。
この空気が入らないというメリットは、ペットボトルの中の水が外気に触れる事がないという事になり、衛生面を気にする人に好まれて利用されています
そして水がなくなったベットボトルはクチャとペタンコに潰れてしまいます。
中の水か無くなり、空気もほとんど入らないワンウェイ方式ですので、こうなることは当然で、このようにペチャンコに潰れたペットボトルはそのままリサイクルゴミとして家庭で処分をすることが可能となり、業者により回収の手間がなくなりましたし、回収にくるまでの間、空のペットボトルを置いておくというスペースも必要がなくなりました。
こうして見ると、ワンウェイ方式は良い所ばかりのような気もしますが、デメリットがあるとしたらそれは「使い捨て」であることから、コストが高くなり、再利用をするガロンタイプと比べて割高で販売されているというところかもしれません。
またガロンタイプでは年に一度、メンテナンスを行っていますが、このワンウェイ方式では衛生面に問題がないのでメンテナンスが必要ないとされています。
ガロンタイプを利用している人の中には、メンテナンスは費用が掛かるけれども衛生面を考えると年に一度はクリーニングをして欲しいと考える人もいますし、ワンウェイ方式を利用している人は衛生面で問題がないのならメンテナンス料金が必要のないワンウェイ方式が良いと考えている人もいます。
どちらの方式のペットボトルを利用するかは、やはりご利用をするご本人の気持ち次第という事になります。